かみきたの気まぐれ☆ブログ TOP  >  閃の軌跡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

閃の軌跡 感想

閃の軌跡  



<世界観・シナリオ>
 帝国という広い舞台にワクワクした。 列車で長時間して各地を廻り、それぞれ全く顔の異なる都市は魅力十分
 特別実習でB班が他の都市へ行くことで、今回紹介したのでも、帝国内のほんの一部に過ぎないんだなと感じられた
 クロスベルは2作品もやるには舞台として小さ過ぎたと思うし。 まぁその分モブキャラにも愛着が沸いたけどねw
 ノルド高原と帝都は3D化して良かったと思える場所。 特に雄大な高原を馬で疾走するのは、3Dならではの演出だった

 シナリオは、ひとことで言えば面白かったけれど、完全に次回作ありきのシナリオで、分割
 また、空の軌跡、零・碧の軌跡をプレイしていること 「前提」 とは言わないけれど、明らかに 「推奨」 レベルで関連してるね
 本番は次回作になりそうなので、シナリオ面に関しては特に。
 今回はキャラクターに焦点が当たっていたし、「帝国」 という舞台の紹介的な部分がウェイトを締めていたね

 少し気になるのは、ここに来て兵器がインフレ化し過ぎているなと。 これ生身のキャラでどうにかなるのかなぁ
 それに、エスカレーターが初見の国をロボットが走り回るのも…w




<ボーカル・BGM>
 「さあ始まるよー!」 ってオーソドックスにテンションが上がるOP
 直前の出来事の悲しさと次回作への期待を込められたEDは 共に秀逸だった
 それ以外のBGMも相変わらずハイレベルで、前作の曲を3つ程入れて来たサービス精神も◎ さすがに音楽は安心設計
 でも、聴いてすぐに耳に残るクラスの曲は無かったように思える




<キャラクター>
 初期メンバー8人と多かったので描写が薄くならないかな? と思っていたのだけど
 キャラ同士の対立、友情の描写がしっかりとあって、各地を回って関連性のあるキャラを掘り下げたりと
 誰を軽視されることなく魅力を引き出せていたと思う。 この点は大いに評価できる
 また、普段の生活では主人公に同行せず、学院内でそれぞれの部活を通じてモブキャラと絡んでいる点も 〇
 ただ、風の人が風風ばかり言っていた気がするんだけど。 彼もう少しキャラ立たせても良かったようなw

 サブキャラは 愛らしいトワ会長 を筆頭に、敵も含めて良いキャラ揃い
 特に学生キャラのパーティを大人の立ち位置で支える教官は◎。 前作もセルゲイさん達が良かったしね
 軌跡シリーズは本当にパーティメンバー以外のキャラが素晴らしい

 モブキャラは、学院生に関しては非常に丁寧な作り
 学校という舞台と、時系列がしっかり存在していたことが生きていたね。 一人ひとりに小さな物語があります
 また、前回からアントンやボンドさんら一部のモブも出張して来たりと、サービスあって嬉しかったな
 その他のモブは、リベール・クロスベル時代よりは落ちたけれど。 決して市民A、Bで終わらない辺りが軌跡
 ただし3D化の弊害で、同じグラフィックの使い回しが多くて愛着は湧かなかった。




<戦闘>
 ARCUSの連携システムが売りだけど、崩して追撃、バースト連携は爽快感があって非常に良いシステムだと思う
 今回はバースト以外は2人連携だったけれど、たぶん実際は全員で連携し続けていると思うので
 この辺を次回でどう表現してくるのかも楽しみな要素

 また、クラフトの威力が強化されて、ステータス異常もザコ・ボス問わず使えて便利になった
 零・碧は、クラフト使うならコンビクラフト、それ以外はATS強化して上位アーツのぶっぱが圧倒的に楽で強かったけれど
 今回はどっち主体でも強かったからこの点は良かったと思う。 まぁ、それでもアーツの方が強いと思うけれど

 サポートメンバー (最大3人) と戦闘中自由に入れ替え出来るのは、FF10形式と思ってもらえれば
 まぁ入れ替わったキャラのディレイが増えるので、決して入れ替えしまくるのが有利という訳ではないです

 戦闘の難易度は… ナイトメアしかやっていないけれど、前よりも更に簡単になった かな?
 前回は一発芸以外も何度かピンチは訪れたし鳥の凍結等で全滅したけれど、今回はピンチになった記憶も殆ど無いので
 全滅リトライ数はラストバトル直前まで0回、ラストバトルで12回

 凶悪組の 「ステータス強化・ダウン」 今回は50%にするのが非常に簡単なので、使うと難易度がらりと変わる
 ってか、最低でもSTRを強化しないとSクラ以外の物理攻撃のダメージが微妙になるので必須

 凶悪組の 「速度系」 は、クロノブレイクが効果1ターンだけな分こちらの強化が中心だけど、相変わらず優秀
 ユーシスの 大円 STR・ATS・SPD同時強化のノーブルオーダー、マキアスの加速も光る(←マキアス使ってないけど
 新登場の 「クロノバースト」 は駆動時間0というのは鬼畜過ぎる。 何となく封印しました

 凶悪組の 「遅延」 がボスに効くことが多いから、遅延連発での完封狙えるのがゆとり仕様
 まぁこれは効かな過ぎると空気だから、調整が難しいのだけどね
 他のステータス異常にしてもそうだけど、個人的には異常耐性を 「戦闘中は調べられない」 仕様が良いと思うな
 異常が有効かどうかは自力で見つける。 じゃないと最初に敵の情報見て、この異常食らわせればイイよねってなる
 
 凶悪組の 「回避」 は相変わらず無双していた。 装備とクオーツで簡単に基礎40%~50%まで上げることが出来るし
 流石にアクアミラージュは消滅したけれど、アリサが3人同時に回避+50%の心眼を使えるから凶悪
 
 凶悪組の「回復」 も一部が強烈で、回復量の大きいアースグロウを範囲で掛けられるエリオットのクラフトが強力
 そして (1度も使わなかったけど) 全体全回復+戦闘不能解除の 「アーツ」 は不要だと思う。 これはせめてSクラフトで
 あとマスタークォーツの 「メガリス」 の回復速度がヤバい。 CP回復速度が異常過ぎてなw まぁ便利だけどさ

 元祖凶悪組の筆頭 「完全防御系」 は今回も最強
 前作では使わないとほぼ耐えられないSクラ即死ゲーだったので仕方なく使ったけれど、これは封印していました




<マイナス要素>
 Vita版だけど、ロード時間は 初期verは問題外。 1週間で対応したver1.01でも結構長いかなぁ
 1.02でどこまで改善するのかって話だけど、11月以降では流石にクリアしている人も多いのでは… 対応が残念
 また、終章の学院が特に酷かった 「カクつき」 が何度か見られた。 「カクつき」 は眼が疲れるからスローよりも嫌い

 グラフィックの3D化は、初期のPS2並。 別にキレイだから良いって話では無いけれど、少し時代遅れかなぁ
 個人的には2Dの方が味があって好きだけど、もう2Dこそ時代遅れなんでしょうかね
 まぁ、こういうのはどんどん踏み台にして貰って、次で改善してくれれば構わないです
 3D最大の弊害は、殺陣がショボかったこと かな。 ラウラとフィーの決闘とか避けずにクラフト撃ち合うだけ ^^;

 ラストが次回作のプロローグというか体験版みたいなのも。まぁこの辺はネタバレだし、前回書いたので省略

 話の流れも、放課後 → 自由行動 → 旧校舎 → 実技テスト → 特別実習 の繰り返しで6章まで進む
 遊撃士と特務支援課と異なり、ただの学生だから仕方無いとは思うけれど。 ちょっと形式化が著しかったかな

 料理と釣りはいつも通りだけど
 料理に関しては、他キャラがパーティーに居ないことの方が多くて面倒だった。 いちいち旧校舎行くのも面倒だったし
 釣りに関しては、エサが消滅、釣り場もトリスタ以外は特定の章の時にしか行けない、ボタン連打も面倒くさい仕様だった

 また、本編に収録できなかった 「超重大な終盤シナリオを完全ドラマCD化!」 ってオイッ
 超重大な終盤シナリオが容量不足で入らなかったのは仕方無いとしても、何故勝ち誇ったような宣伝なのさw




 ≪帝国編≫ のプロローグが終わり、さあここから本編開始だ! はい体験版はここまで!! みたいなゲームなので
 あまり評価のしようが無いのだけど、 今回は 「77点」 ぐらいに収めておこうかな

 プラットフォームの変更による試行錯誤と、「初の3D化」 の実験作的な部分もあったような気がするので
 次回作でしっかりと作り上げて貰えればいいな、と思います



<追記>
 非常に残念なことに、続編の閃の軌跡Ⅱはシナリオの質が悪く、クリアして疲労感はあっても達成感なんて無い仕上がり
 終わり良ければすべてよしではないけれど、終わり悪ければ後編前提のつくりだったこの作品の評価も下げざるを得ない

 閃の軌跡は70点ジャストに評価を変更します

 私的に、「浪費した時間とお金と比較してギリギリマイナスは出なかったライン」 ですが
 「仮にやらなくても何とも思わない」 レベルでもあり、軌跡シリーズをやり続けていた私としては厳し目の評価かな

 1年経った今思い返しても、このゲームのイベントシーンも会話も殆ど浮かんでこないし
 このまま忘れ去ってしまっても良いと思っているしね...

スポンサーサイト
[ 2013/10/31 01:11 ] 閃の軌跡 | TB(0) | CM(0)

閃の軌跡 クリアしました (゚Д゚)!!

閃の軌跡、丁度ゲームの中と同じ日にクリアとなりましたw


1度は作品内でキレイに完結した 「零の軌跡」 と異なり、凄い終わり方だった…

次回作




[ 2013/10/30 23:23 ] 閃の軌跡 | TB(0) | CM(0)

閃の軌跡 終章1

本日のMV珍はこの人。 せっかく終章まで威厳を保っていたのに派手に壊れキャラw
リーシャ・マオ
ハインリッヒ教頭

バイクはフィーちゃんと一緒に行きました。 ついでにトワ会長が選択肢に無いバグ直して
sen_102.jpg

学院祭のチケットは、トワ会長で5つ消費。
星空のところでリィンの後ろ付いてくるんですよねぇ 次回で加入しませんかね????



[ 2013/10/28 00:00 ] 閃の軌跡 | TB(0) | CM(0)

閃の軌跡 6章終了

主人公は第3の勢力ではあるものの、閃の軌跡という舞台に於いては革新派に近い立ち位置だったと思うので
目に見えない敵を四大名門貴族とするならば、目に見える 『分かりやすい敵』 が帝国解放戦線だと思うのだけど

≪S≫≪V≫≪G≫≪C≫ とか引っ張るだけ引っ張った割にあっさり壊滅してしまった…
帝国解放戦線とは一体なんだったのか


[ 2013/10/27 01:23 ] 閃の軌跡 | TB(0) | CM(0)

閃の軌跡 6章

6章 黒と銀~鋼都動乱~

サブキャラとモブが光る軌跡シリーズだけど、今作の女性キャラで一番かわいいのは間違いなくトワ会長
トワ会長

調子に乗ってほっぺつんつんしたら怒られました
トワ会長


≪学院祭の出し物≫
 どうするか決まらずトワ会長に相談。 彼女らは4人でゲリラ的ライブをしたようで、その時の映像を見せて貰うと・・



 これはイイネ! ロックは日本でも90年代に流行ったけど、ワタシも中学~高校のトキに少しやりました(ww
 ゲームやらアニメって高校ぐらいを舞台にしているモノが多いので、こういう青春真っ盛りなシーンも多いよね
 その度に学生時代を思い出すなぁ。 戻りたいわけじゃないけれど、やっぱりこの頃が一番楽しかったし

 Ⅶ組はこの路線でやるみたいです。 ユーシスやラウラは凄く似合いそう


[ 2013/10/23 23:23 ] 閃の軌跡 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:kamikita







 

カレンダー(月別)
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー広告
 
--月 --日(----)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。